レポート

Apple、Google、そしてFacebookの本社を巡るシリコンバレーの旅

2016/06/16

レポート

  • 地域情報

みなさん、こんにちは、如何お過ごしですか?

私が住んでいるシリコンバレー(北カリフォルニア)は雨期も終わり(と言ってもそんなに降らないですが)、連日晴天が続いています。
日中はそれなりに気温が上がるのですが、湿度が低いので日陰に入ると涼しく、とても気持ち良いです。

ここには世界有数のハイテク企業が、ゴロゴロあります。 今回は、そんな有名ハイテク企業の本社がどのようになっているかお届けします。

アップル街道

信号を作らせたApple
最初はiPhone, iPad, Macを擁する、かのAppleです。
Appleは、現在新本社を建設中です。
建物側面全てが曲面になっており、上から見るとUFOのように見えます。
(「Apple 新本社」で検索すると、スケッチがいくつも出てきますのでご覧ください。 格好良いですよ。)

建設中のApple新本社の近くでランチミーティングをした帰りに、どのくらいまでできたか見に行きました。
「あれっ、こんなところに信号あったかな」と車を停めて信号を眺めたら、道路の名称として冒頭の写真の「Apple Pkwy」とあった訳です。
(Pkwyは、Parkwayの略) 直訳すると、アップル街道。 つまりAppleの新本社に入るところに新たに信号を作らせ、そこに私道の名前の看板を掲げているという訳です。
Appleはたんまり税金を払っていますので、行政も言いなりなのでしょう。

Apple街道の画像

【上下線両方の信号に「Apple」のサイン。Apple自体イメージが良いのでいいんですけどね】

建物の方はだんだん形ができてきて、壁が曲面になっているのが分かります。 完成した暁には、見学できるような場所も作るようなので(確か)、楽しみです。

建設中のApple新社屋

【写真だとわかりづらいですが、実際に見ると「あぁ曲面だ」というのがわかります。 完成してしまったら建設途中の様子は見れません。 当たりまえです。 建設途中を見たい方、今がチャンスです!】

こちらは「無限ループ」

現在のApple本社

【現在のApple本社はこちら】

Appleが強引なのは今に始まったことではなく、ここの住所は「1 Infinite Loop」となっています。
直訳すると「無限ループ」ですね。
これも、もともとそう言った道があった訳ではなく、Appleが命名したに違いありません(多分)。
「1 Infinite Loop」という響きが格好良く、番地がでんと記されているので、ここで記念撮影する人が多いです。

1 Infinite Loopの画像

【この前で記念撮影。この近くにApple Storeがあります】

Appleクラスになると、仕事とは全く関係のない観光客がやってきて、記念撮影をして行きます。
Appleはそういうことに頓着しません。 大物です。
敷地内に誰でも入れるApple Storeがあるのですが、ここでしか手に入らない商品が販売されています。
リンゴマークの入ったTシャツとか水筒とか、おみやげにうってつけです。
団体客が観光バスで横付けすることも珍しくありません。

可愛らしいGoogle Car

次は検索大手のGoogleです。
自動化された検索サービスへの広告事業で、放っておいてもたんまり大金が入って来るので、Googleは新規事業に色々と手を出しています。
(正確には、Alphabetというホールディング会社の下に、Google及び他新事業の会社がぶら下がっているのですが、ここでは便宜上Googleとします。)

少し前はGoogle Glassが話題でしたが、今はやっぱりGoogle Carですね。
Google Carは、開発した自動運転技術を検証する為に、一般道を走ってデータ取りをする車です。
まだ検証中なので、一応人が運転席にいます。
その丸っこい形は特徴的で、とても可愛らしいです。
私が初めて見たときは夜中でした。
青いランプを点滅させながら動いている白い丸い物体を見たときは、近未来を感じたものです。

Google Carの画像

【よく見ますが走っているのでなかなか写真撮影の機会はありません。 運転中、助手席の子供に撮らせたのがこれらの写真です】

Google Carの画像2

【Googleの文字が見えますね。 カラフルな人々がドアに描かれています。 その意図は…わかりません。 皆仲良く、といったところでしょうか】

Google Carの画像3

【可愛らしいでしょ!】

ちょっと前はGoogle Carを見ると珍しくて喜んだものですが、最近は頻繁に見かけるようになって驚きは減りました。
結構な台数を走らせているということですね。
先日、子供を学校に送った帰りに、T字路(信号無し)で全然車が流れなくなって、「何やってるんだよ」と思って見てみると、2台前がGoogle Carでした。
通学時間ですので、子供達が自転車や徒歩でどんどんやってきます。
安全第一のGoogle Carは、「完全に安全」と確認できるまで動けなかった訳です。

また、私が家の前で掃除をしていた時、前の道路で車の急ブレーキが聞こえたので顔をあげて見ると、Google Carでした。
私から車まではかなり距離があります。
私はほんの少し動いただけでした。
でもGoogle Carは、私が飛び出すかもしれないと判断し、急ブレーキとなった訳です。
まだまだ改善は必要なようですが、安全第一。 頑張れGoogle Car!

ここで暮らせるGoogle本社

Google本社

【こちらがGoogle本社です。 敷地が広々していて、大学のキャンパスのよう】

Google本社2

【屋外テーブル・パラソルも華やか】

Google本社3

【くつろぐ(あるいは凄いことを考えている)天才たち、多分(笑)】

Google本社4

【ビーチバレーコートもあります】

Googleでは、いつでも食事が無料です。
シャワー室もあります。 洋服のクリーニングもあります。多分仮眠室もある筈です。ここで暮らせます。
「全て用意したから、好きなだけ働いてくれ」という訳です。天才じゃなくて、良かった…。

天才が乗る自転車

Google本社5

【右下の人が乗っている派手な自転車がGoogle自転車です。 駐輪場の奥にもあります】

Googleと言うと「天才の集まり」というイメージがあります。
Googleの本社に行くと、あいつも天才、こいつも天才、なんて思ってしまいます。
Google本社の敷地は広いし、他にもオフィスがたくさんあるので、従業員は派手な自転車に乗って移動します。
そういうのを見ると、「おぉ、天才が自転車に乗っている」と思ってしまうのです(勿論天才だって自転車に乗ります)。
この前行った時に、「あれっ、この人、本当に天才かな」という人が自転車に乗っていて、「人は見かけによらないなぁ」と思っていたら、連れと写真を撮りまくって帰っていきました。
完全に観光客です…。
GoogleもApple同様、観光客が多いです。
流石に、Google自転車に乗ってしまう人は少ないですが。

Google自転車に乗って、天才気分に浸っては如何ですか?

今度は「ハッカーウェイ」

Facebook本社

【Facebook本社です。中庭(この写真では見えません)はきれいらしいですが、入ったことがありません…】

最後はFacebookを紹介します。 建物自体は、AppleやGoogleに比べて地味です。
楽しそうなのはビルに囲まれた中庭ですが、一般人は入れません。
一度トイレを貸してもらおうとしたのですが、すげなく断られました。

Facebook本社

【ここで写真を撮ります。 比較対象が無いのでわかりにくいですが、高さ2mは超えています】

よって観光客は、入り口のところにある大きな「いいね!」マークのところで写真を撮って満足するしかありません。
目の前の道が結構広い道路で、車がびゅんびゅん通るなか、観光気分丸出しで写真を撮ります。
みんな平気です。

建物を一周できる道があって、「ハッカーウェイ」という名前が付いています。
ソフトウェアのコードを書く人=ハッカーですね。
やっぱり大企業は勝手に名前を付けちゃう訳だ。
建物をぐるりと駐車場が取り囲んでいるのですが、夕方に行ってもほぼ満杯に近い状態でした。
午後2時を回ると帰宅する人が出てくる土地柄ですが、ハッカーはやはり夜型なのでしょうか。

他にも結構面白いところがあるので、皆さまも機会がありましたら、是非おいでください!

それでは、また!

同じカテゴリーのこれまでの記事はこちら

  • 関連記事はまだありません。

お問い合わせはこちらへ

ご希望の視察先や内容などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

03-6635-2900

平日 9:00〜18:00 BiZ旅セレクト(Y.M.G株式会社)担当:岡部