コラムページへ

2017 BEST CONTACT CENTER PRACTICE in Asia Pacific で
世界トップランキングアワードのプレゼンテーションを聴講&
コンタクトセンター視察 6日間

2017 BEST CONTACT CENTER PRACTICE in Asia Pacific で世界トップランキングアワードのプレゼンテーションを聴講&コンタクトセンター視察 6日間

トップクラスのコンタクトセンター満載
その実力をご覧あれ!

BiZ旅セレクト企画「コンタクトセンターコンファレンスツアー」の第2弾。前回同様インサイト㈱ 代表取締役 大西美佳氏を団長に迎え開催します!
今回は参加者の98%が推薦しているアジア最大級のコンタクトセンターイベントにて、トップランキングアワード受賞者のプレゼンから自社センターで活用できるアイデアを学びます。さらに、クアラルンプールにて、アジア最高水準のセンターを視察します。

海外にコンタクトセンターを設立したい、海外のコンタクトセンターと提携したい企業には絶好の機会です。
マレーシアの有名リゾート地『コタキナバル』で、世界最高水準のトップランキングアワードの取組みを学び、アジアの多くの国々の参加者とつながりましょう。

 

♦ 以下の項目に関心がある方にはぴったりなツアーです。

  • 海外の運営事例から、自社センターで活用できる部分を知りたい。
  • コンタクトセンターのアジア進出を考えている。
  • 海外のコンタクトセンターと提携したい。
  • 自社センターの運営や品質レベルを確認したい。
  • ワールドクラス(大規模)のコンタクトセンターの運営方法が知りたい。
  • リーダーシップとチームマネジメントの優れた企業のノウハウを学びたい。
  • ソーシャルメディアマネジメントとコンタクトセンターの役割を知りたい。
  • コンタクトセンターのアウトソーシングはどう進めたらよいか成功事例を知りたい。
  • 優れたコンタクトセンターのセールスやダイレクト応答、アウトバンドプログラムを紹介してほしい。

?ツアーに関するお問い合せ

矢印のアイコン フォームでのお問い合せ メールのアイコンの画像 メールでのお問い合せ
矢印のアイコン このツアーの詳細はこちら

団長 大西 美佳
インサイト株式会社
代表取締役

1997年、AOL ジャパンのコールセンター部門に入社。オペレーター、SVを中心に現場実務の経験を積む。マーケティング部門ではメンバーリテンションなどの業務を担当。後にテレマーケティング会社で複数センターの運営責任者としての実務を担当。独立後、2007年1月にインサイト株式会社を設立し、コールセンター運用支援、オペレーター教育コンサルティングを中心に活動中。NPO 法人コンタクトセンターおもてなしコンソーシアム(COC)理事。

日本人コーディネーターが同行し、会場内では通訳ツールをレンタルできます。海外コンファレンス視察が初めての方も安心してご参加いただけます。

マレーシアに最高水準のコンタクトセンターが集結!
2017 BEST CONTACT CENTER PRACTICES
in Asia Pacific

『2017 BEST CONTACT CENTER PRACTICES in Asia Pacific』は、毎年アジアで開催される最大級のコンタクトセンターイベントです。アジア各国の優れたセンターが受賞するトップランキングアワードに選出された取り組みを学ぶ最高の機会です。
世界のレベルと自社センターの運営や品質を比較するもよし、ワールドクラスのセンターから運用方法を学ぶもよし、コンタクトセンターに関わっている方は必見です。

BiZ旅セレクトでは、来年のアワードへ参加ご希望の企業様の応募をサポートします。ぜひ、トップランキングのセンターとして世界に飛躍しましょう!

※ 『2017 BEST CONTACT CENTER PRACTICES in Asia Pacific』の応募はすでに終了しております。

「Contact Center World」公式サイト(英語サイト) ▼https://www.contactcenterworld.com/

日本では聞くことのできないコンファレンスと
各国の高い技術を持つ人たちとの交流会

各国から参加するトップレベルの専門家による最先端のセンター運用ノウハウをご紹介します。コンファレンス期間中に、専門家への質問やアドバイスをネットワーキング(交流)などを通じて相談をすることもできます。
日本では聞くことのできないアイデアや技術を習得し自社で実践・改良させ、ぜひトップレベルのセンターを目指してください。

参加国例:オーストラリア、ニュージーランド、タイ、インドネシア、マレーシア、韓国、香港、ベトナム、フィリピン、インド、中国、日本、など

BiZ旅セレクトでは、セッション終了後に参加者同士の内容共有の時間を設けています。ツアー同行の、応対品質・管理のプロフェッショナルとセンター運用のアナリストも参加するので、より見解を深めることができます。前回のツアーではこの共有時間はとても好評でした。
コンファレンスの写真 コンファレンスの写真2

マレーシアのコンタクトセンター訪問視察で
さらに深く情報を収集

クアラルンプールでのセンター視察ツアー(アウトソーサーとインハウスの2ヵ所を訪問予定)も企画しています。クアラルンプールではどのようにセンター運営がなされているのか、実際に見学することができます。アジアトップクラスのコンタクトセンターがあるマレーシア、日本でもその運営手法に学ぶところはたくさんあります。

astro社(インソーシング)
マレーシアを中心とし、デジタル、テレビ、ラジオ、また電子商取引分野においてのデジタルメディアとライフスタイルを扱っている会社です。
エンターテイメントとライフスタイルのデジタルプラットフォーム全体で、月間ビジター数580万人を誇るオンラインメディア企業です。テレビ、PC、タブレット、電話など、すべての画面のオンデマンドでAstroコンテンツを視聴できます。現在510万人(マレーシア国内の世帯71%)にサービスを提供しています。
https://www.astro.com.my/mediaroom/

astro社

VADS社(アウトソーシング)
ICT/BPOソリューションプロバイダーです。1991年に設立され、現在Telekom Malaysia(TM)Berhadの100%子会社となっています。ICTとBPOソリューションをより効果的かつ動的に使用できるように、人々・プロセス・技術を結集しています。VADS社はマレーシアにある唯一のサービスプロバイダーであり、エンタープライズおよび公的機関のお客様にソリューションの管理サービスを提供しています。
▼http://www.vads.com/about-us/

VADS社

BiZ旅コンタクトセンターツアー第1弾(ICMI@ダラス)参加者の声

ICMI@ダラス 参加者の声

横治 祐介様(株式会社ジーネクスト 代表取締役社長)

  • ■当初は、期待していたセッション(主にIT)と違うところが多いと感じていましたが、終わってみると現状のアメリカを反映しているとも感じられ、とても参考になりました。参加者のレベルがとても高く、たいへん刺激&勉強になりました。
  • ■アイスホッケー観戦はとても楽しかったです。食事も皆さんと一緒に会話をしながらいただけて、有意義な時間を過ごすことができました。

他の参加者の感想もご参考に!

  • ■個人参加ではこれだけの情報収集は不可能。情報共有できるのがこのツアーの良いところ。
  • ■サイトツアーで現場を視察したことは良い経験になった。
  • ■日米のコンタクトセンターの違いの最新情報が得られた。
  • ■他の参加者と意見交換をしたり内容をシェアすることで、頭の整理にもなり、とても有意義なツアーだった。

2016年ICMI@ダラスツアーのレポートはこちら

海も山も楽しめる!
マレーシアの素敵なリゾート地コタキナバル

コタキナバルは南シナ海に面するボルネオ島の北西部に位置しています。キナバル山が望め、美しいネイチャーリゾートシティとして有名です。治安も良いとされていて多くの観光客が旅行に訪れます。5つ星の高級リゾートホテルも多数あり、中でも今回宿泊するステラハーバーリゾート内にはマリーナと呼ばれる映画館やレストラン、プール、ビリヤード場などの大型エンターテイメントホールもあり、敷地内にはグラハム・マーシュ設計によるゴルフコースも完備しています。
コタキナバルの海の写真
?

ツアーに関するお問い合せ