コラムページへ

衝撃のアクロバット飛行を目撃せよ –
世界最大級のミラマー米海兵隊基地エアショー観覧ツアー 5日間

衝撃のアクロバット飛行を目撃せよ – 世界最大級のミラマー米海兵隊基地エアショー観覧ツアー 5日間
旅行代金 (2名1室利用 )
266,000
学割!学生に限り
20,000OFF
早割!6/30までのお申込みで
10,000OFF

『ミラマーエアショー』は、アメリカのサンディエゴで開催される毎年約100万人もの観客で賑わう世界的にも大注目の航空ショーです。映画「トップガン」のロケ地としても有名なアメリカ海兵隊航空基地「Marine Corps Air Station Miramar」で繰り広げられます。

到着した初日は、退役した巨大空母「ミッドウェイ」がそのまま博物館になったミッドウェイ博物館 「USS Midway Museum」を見学します。2・3日目にミラマーエアショーを観覧。二日間に渡り、たっぷりとエアショーを楽しむことができます。米軍の腕利きパイロットが披露する究極のアクロバット飛行“密集編隊” 一糸乱れぬ計算された操縦さばきで観客を魅了します。
戦闘機の写真が好きな人も、飛行機に乗ることが好きな人も、サバイバルが好きな人も、興味はあるけれど…という人も、ミリタリーファンならずとも大興奮の3日間になること間違いなし!

ミラマーとミッドウェイ博物館の地図

?ツアーに関するお問い合せ

矢印のアイコン フォームでのお問い合せ メールのアイコンの画像 メールでのお問い合せ
矢印のアイコン このツアーの詳細はこちら
日本人コーディネーターが同行するので、海外での直接買付が初めての方も安心してご参加いただけます。

ミリタリーファン垂涎 Miramar Air Show 2017

轟音を立てて離陸して行くジェット! 低空を至近距離で駆け抜ける編隊飛行!青空で繰り広げられるアクロバット飛行の数々!
滑走路の近くから、ド迫力の航空ショーを間近でたっぷりと観覧します。一番人気の米軍が誇る腕利きパイロットの集団「ブルーエンジェルス(Blue Angeles)」のありえない究極のアクロバット飛行も目前に見れます。

会場には大勢の人、人、人。
炎天下の中、最大級のアクロバット飛行を見るためにアメリカ国内外から多くの観客が集まり、嫌でもテンションが高まります。
急上昇した機体が一気に地面すれすれまで下降したり、複数の機体同士が密着しながらくるくると旋回したり、重力を感じさせず変幻自在に動く戦闘機に観客の興奮は最高潮。ジェット音とともに聞こえる会場の音楽がさらに気持ちを湧き立たせます。曲技飛行を披露し終わったパイロット達には、観客からの惜しみない拍手が贈られます。
会場内には軍用機などがディスプレイされて実際にその中に入ることもできます。機体の側ではパイロットが、使用用途などを説明してくれたり、写真撮影に応じてくれることもあります。

さらに「Air Show Expo」と名付けられた航空グッズの即売場も併設しています。日本では入手困難なレアな商品も多数展示されていますので、こちらもお見逃しなく!

「ミラマーエアショー」公式サイト(英語サイト)
▶︎http://miramarairshow.com/

ここがポイント
  • ① 送迎付きだから会場までラクラク!
  • ② 日本人コーディネーターが同行します!

<ミラマーエアショー2017 スケジュール>※9/23、24とも同じタイムスケジュールです。

  • 08:00 – 09:00 am ー Gates Open to the Public
  • ・Remote Control Flyers and Paramotors
  • 09:00 – 10:35 am
  • ・Sean Tucker, “Oracle Challenger III”
  • ・Dan Buchanan, “Hang Glider”
  • ・Steve Stavrakakis, “Romanian IAR-823”
  • ・John Collver, “Wardog AT-6 Texan”
  • ・Boyd Willat, “Sailplane Plane”
  • ・Shockwave Jet Truck
  • ・Garret Willat Tow Plane
  • ・AV-8B Harrier Demo
  • ・Opening Ceremonies / Invocation / National Anthem / Flag Drop
  • ・Commanding Officer’s Remarks
  • 10:35 – 12:15 pm
  • ・AV-8B Harrier Demo
  • ・Precision Exotics Car Race
  • ・Opening Ceremonies
  • ・Sean Tucker, “Oracle Challenger III”
  • ・Golden Knights and U.S. Navy Leap Frogs Parachute Team
  • 12:15 – 13:20 pm
  • ・MAGTF Demo with F/A-18 Trap Landing
  • 13:25 – 13:55 pm
  • ・Patriots Jet Team
  • 14:05 – 15:05 pm
  • ・The U.S. Navy Blue Angels
  • 15:10 – 15:30 pm
  • ・Anthony Oshinuga (Pitts Special)
  • ・Shockwave Jet Truck
  • 15:40 – 15:50 pm
  • ・MV-22 Demo
  • 15:50 – 16:10 pm
  • ・F-35B Demo
  • 16:10 – 16:20 pm
  • ・RQ-7 Unmanned Aerial Vehicle (Fri-Sat only)
「3日目は他の場所へ観光に行きたい」という方には、 オプショナルツアーもご用意いたしますので、お気軽にご連絡ください。
ブルーエンジェルスの写真 戦闘機の写真 アクロバット飛行の写真 離陸の時の写真

※写真はイメージです。

ミッドウェイ博物館

海に浮かぶ街「ミッドウェイ博物館」

ベトナム戦争と湾岸戦争で活躍し、横須賀に停泊していたこともある空母ミッドウェイが、1992年の退役後そのまま博物館になりました。
ぎっしり並んでいる本物の戦闘機はもちろん、管制塔やエンジン室を始め、クルーが寝た狭いベッド、パイロットの控室、 上官の部屋、 牢獄、 郵便局、金物屋、医院まで、 「海に浮かぶ街」空母の艦内を余すところなく見学できます。
甲板に配備された戦闘機や飛行機たちに触って、コックピットに座ってみましょう。かつて実際に活躍した機体のコックピットに座れるチャンスは、そうそうありません。(指定飛行機のみ)日本語のオーディオガイドが解説してくれるので理解度もバッチリ。
いざ、忘れられない冒険にでかけましょう!

注目の展示
  • ① 第二次世界大戦:SBDドーントレス爆撃機、TBMアベンジャー
  • ② 朝鮮戦争:F9F-8Pクーガー、F9Fパンサー
  • ③ ベトナム戦争:F4ファントム、ヒューイガンシップ
  • ④ 湾岸戦争:A6イントゥルーダー、F/A-18ハーネット

「ミッドウェイ博物館」公式サイト(英語サイト)
▶︎http://www.midway.org/

ミッドウェイ博物館の写真
BiZ旅セレクト編集室のYANASEの写真

ミッドウェイ博物館見学の感想

BiZ旅セレクト編集室のYANASEが、先日『ミッドウェイ博物館』に行ってまいりました!

僕の中で「博物館」のイメージは、何かこぎれいに修復してそこに「展示」してあるイメージなのですが、『ミッドウェイ博物館』は”そのまま”の状況で置いてあるのが心に響きました。
全てがリアルなのです。過剰にきれいにしている訳ではなく、過ぎ去った時間を感じさせるよれ方が何とも言えません。飛行機もそうですし、『ミッドウェイ』そのもの、及びその備品の数々から「本物」を実感できるのがたまりません。
サンディエゴに着いたらまず『ミッドウェイ博物館』を訪問します。
皆さんとこのリアル感を共有して、次の日のミラマーエアショーに向けてテンションを上げていきましょう。

▶︎『ミッドウェイ博物館』への訪問レポートはこちら

ミッドウェイ博物館の写真2 ミッドウェイ博物館に展示している航空機 ミッドウェイ博物館に展示している航空機2 ミッドウェイ博物館に展示している航空機3

※写真はイメージです。

?

ツアーに関するお問い合せ