レポート

最新エコハウス&スマートホーム視察(3日間)レポート【その3】

2017/12/02

レポート

  • 不動産・建築

3日目は、参加者からのリクエストで、Facebook、Google、Apple、そしてAmazonを見学します!

 

シリコンバレーの中心地へ

サンフランシスコからシリコンバレーへ南下し、大手ハイテク企業の本社建造物を視察。
サンフランシスコを出ようと思ったら、可愛らしいレンタカーを見つけました。今回何度か街中で見かけたものです。GOcarと言って、オート三輪でGPSが付いています。モデル観光コースがセットされていて、音声でガイドしてくれるようです。
楽しそうですね、今度試してみたいと思います。
GOcarの公式サイトはこちら▶︎

まずはメンロパークのFacebookへ

この日は土曜日でしたので閑散としていました。建物はカラフルで、その周りをパーキングが囲んでいます。

巨大な「いいね!」サイン。
住所は「1 ハッカーウェイ」。Facebook創業者マーク・ザッカーバーグは、本社をメンローパークに移転したとき「ハッカーウェイ」と名付けたのです。「ハッカー精神」を全社に浸透させるために。
※「ハッカー」とは、元々は何かを素早く創造したり、アイデアや閃きで変化を起こす人々を示す言葉です。

裏を見ると『Sun Microsystems』のサインが。ここは以前Sunのオフィスで、それをFacebookが買い取ったのです。お金があっても、再利用できるものは使うというエコ精神、見習わなくてはなりません。
Facebookは、現本社と隣接して、第二本社を建設中です。その名も『Facebook 2.0』。

住所は、1 Facebook Way。

Google本社に到着

アンドロイド君がオレオ(米国の有名なお菓子)に。GoogleはアンドロイドのOSバージョンのコードネームに、お菓子の名前を使っていて、最新のものがオレオなのだそうです。ジャグジーもあります。
Google本社訪問については、IoT視察レポートでも書いていますので、そちらもご参照ください。

EV(電気自動車)の雄Tesla本社

次に向かったのはEV(電気自動車)の雄Tesla本社。
山の中の、自然豊かな場所にあります。シリコンバレーは自然が豊富で、大きな道路から少し中に入ると、こんな感じになります。

土曜日ですので車は少ないですが、停まっていたのは全てTesla車。ここは本社機能と開発部隊が入っています。製造はフリーモント市の、元トヨタの工場を買い取って行われています。

 

Apple誕生の地から、新本社へ

これが何だかお分かりになりますか? スティーブ・ジョブスが幼少期を過ごした実家です。このガレージでAppleが誕生したのです。「ここは私有地・監視カメラが稼働中」という看板が掲げられていますが、誰か住んでいるのでしょうか?

本社に併設されているApple Storeに行くと、iPhone X発売二日目でも、まだ長蛇の列です。
ここでしか売っていないTシャツ・マグカップ・ペンなどが入手できます。
別の視察レポートもご参照ください。
そして新本社へ

円盤型の新本社も、随分できあがってきました。平面が一切無い、全て曲面の壁です。
視察終了後に、新本社のビジターセンター「Apple Park Visitor Center」が遂にオープンしました!
ちょっとその触りをお届けします。

ガラスだけで、壁の無い建物。

ARで浮き上がる天井、そして建物の中身が見える!
詳しい内容は、いずれレポートしたいと思います。オーダーメイド視察に入れるのも可能ですので、お問い合わせください。

 

本屋を破壊したAmazonが作った本屋

さて、次に目指すは屋外型高級ショッピングモールSantana Row。一階がお店、二階以降が住居となっている建築の視察です。そしてここに、最近Amazon Booksがオープンしました。本屋を破壊したAmazonが作った本屋です。

本屋と言っても、半分くらいは売れ筋のガジェットが置いてあります。

まずはAmazon製品のエコー。

売れ筋の絵本だけを並べたコーナー。ビッグデータを持っているのが、Amazonの強みのひとつです。

裏から建物を見るとこんな感じです。二階・三階が繋がってひとつのユニットになっていそうです。ルーフトップバルコニーもあります。

お問い合わせはこちらへ

ご希望の視察先や内容などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

03-6635-2900

平日 9:00〜18:00 BiZ旅セレクト(Y.M.G株式会社)担当:岡部